ディレクターに必要なスキルをpmbokから学ぶ【第2回】タイムマネジメント

前回の記事に引き続きディレクターに必要なスキルをpmbokから学びます。
今回はタイムマネジメントです。
タイムマネジメントとはスケジュールの管理になります。
前回の記事はこちら
ディレクターに必要なスキルをpmbokから学ぶ第1回

納期を死守。タイムマネジメントの重要性

まずは失敗プロジェクトの紹介から。

・プロジェクト概要

クライアント :大手エンターテイメント会社
案件内概要  :アプリの管理プラットフォーム/SDK構築プロジェクト
開発費用/期間 :600万/4ヶ月

■何が起きた?

先方の要望スケジュールがギリギリのスケジュールで依頼を受けた。
発注をもらうため、厳しい可能性があったが、できる!と言ってプロジェクトを受注した。

しかし、、
・納期に間に合わず、再三のスケジュール調整
・納品後の不具合が多発

納品したアプリはクラッシュが多発、配信したサーバーが落ちる、と言った問題になった。
納品後にも原因調査、問題解決に追われることとなった。

■結果として、、、


・数百万の赤字(納期遅延による稼働超過)
・顧客との関係悪化、損失
・時間が取れず他のプロジェクトにも影響が出る悪循環

非常に辛いヘビーなプロジェクトでした。

このプロジェクト、何が悪かったと思いますか?

問題だったポイントは主に3つあります。

■問題だったこと

1.見積もりが不十分
→見積もり項目にSDK導入手順書や環境構築費用など、不足していた項目があった。

2.未経験分野の調査期間なし
→SDK作成に関する知見がまったくなかったにもかかわらず、未経験分野の調査期間を考慮していなかった。

3.リスクを考慮したバッファなし
→クライアントの提示されたスケジュールを優先し、不測の事態が発生した際のバッファがなかった。

→→結論:『タイムマネジメントができていなかった』

■タイムマネジメントとは

「納期通りにプロジェクトを完了させるために必要な作業をスケジュール通りに終了させること」

・PMBOKでのタイムマネジメントのプロセス

  • 作業定義:スコープ定義で作成したWBSに基づき実際に作業を分解
    作業順序設定:作業間の順序関係を定義
    作業所要時間見積もり:必要な所要時間の見積もり
    スケジュール作成:作業開始日、終了日を決定
    スケジュール管理:進捗度を測定し、スケジュール変更の管理
  • ・webディレクションに置けるタイムマネジメントの肝

    ①見積もりを入念にすること

    複数人で見積もりをチェックし、想定不足がないか入念に確認することが必要

    ②未経験領域には十分な調査期間

    調査期間を十分にもうけ、不足の事態に対処できるようにする

    ③バッファを持つ

    顧客との信頼関係を築くためにも余裕を持ったスケジュールが大事。

    ・まとめ

    以上、タイムマネジメントの重要性でした。
    見積もりを入念にし、リスクも考えてスケジューリングしましょう。

    次回はコスト管理編です。
    ではまた。

    Scroll to top